RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Rene Moore

2009.07.29 Wed
reneandangela.jpg

Rene & Angela - Street Called Desire


Rene Moore という人のことを最初に知ったのは、このアルバムがアドリブだったかで紹介された記事を読んだ時でした。
その直後、ラジオから流れる "I'll Be Good" のサウンドが心地よく、すぐにレンタルレコード屋に借りに行きました。
『オーッ!このアルバム、Kurtis Blow も入ってる!!』
Chaka Khan が Melle Mel を起用したことも記憶に新しい1985年のことです。




Rene And Angela - I'll Be Good (on TOTP)


Rene Moore と Angela Winbush のデュオが結成されたのは77年。
Rufus のアルバムに参加しているのは、Rene の兄 Bobby Watson がメンバーだったから。

Rene / Angela / Bobby がプロデュースした作品が Jackson家の中にあります。


janetjackson82.jpgjanetjackson_jpn.jpg

Janet Jackson - Janet Jackson (右は日本盤の同作 『ヤング・ラブ』 のアナログ)


前半はRene組、後半は Foster Sylvers と Jerry Weaver 組が手掛けています。

Triumph 以降のポップなディスコ風味な前半、ライトファンク風味な後半、好みは分かれそうですね。



Say You Do (on Soul Train)




Young Love (on Music Laden)


Rene組のサイドからは、この2曲がシングルに。
それぞれ12inch version があります。
後者の12inch はめちゃめちゃかっこよくて、CDはあれをボートラにすべきです。



Rene組は同年にあのSiedah Garrettが在籍したPlush のプロデュースを担当しています。



Rene & Angela がデュオを解消し、Angelaはソロ作がスマッシュヒット。
ソングライターやプロデューサーとして大活躍する一方、Rene の活動は地味なもので、88年のアルバムもヒットには至らず。
Rene & Angela はAngelaのおかげで持っていた とまで言われる始末。



Michael Jackson の Dangerous のクレジットを見て、僕はびっくりしました。

michaeljackson_dangerous.jpg

アルバムの最初の曲 "Jam" の作者と演奏者にRene Moore の名が記載されていたのです。
よくよく見れば、Bruce Swedienの名も。
Bad のミックスなどで活躍したBruce Swedien は、実はRene And Angela の "I'll Be Good" などを手掛けた人で、もしかしたらBruce繋がりでMichael と仕事をしたのかなと。
後にリリースされた "This Time Around" 等でBruceとReneの名があるので、そういうことなんでしょうね。




Michael Jackson - Jam (床ツルツルヴァージョン)



2004年にアルバムをリリースしたRene (聴いてないです。ごめんなさい) 。
2002年に Ronald Isley と離婚し、翌年癌が見つかったAngela。
21世紀に入って、パッとしませんが、それぞれ新作を出してほしいですね。


by Mulatino a.k.a. Mura-T



Category:'80 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<Megamix や DMC物 | HOME | 日本盤プロモ・オンリー>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。